部屋をヴィンテージ風にするには、どのようにしたら良いですか?

Fiyat talep et

Numara geçersiz. Lütfen ülke kodu, kod ve telefon numarasını kontrol edin.
Gönder' butonunu tıklayarak Gizlilik Politikası okuduğumu kabul ediyor ve paylaştığım bilgilerin talebime cevap verilebilmesi için kullanılmasına onay veriyorum.
Not: privacy@homify.com elektronik posta göndererek onayınızı dilediğiniz zaman iptal edebilirsiniz.

部屋をヴィンテージ風にするには、どのようにしたら良いですか?

Manami Sakaguchi Manami Sakaguchi
ゆくい堂株式会社
Loading admin actions …

本来の「ヴィンテージ」の意味はラテン語の“ぶどうを収穫する”という意味から、ワインにおいてぶどうの収穫から醸造を経て瓶詰めされるまでの工程を表す言葉です。現代ではファッションやインテリアなど、様々なシーンで幅広く使われる言葉になっていますが、いずれも「由緒ある、古くて価値のあるもの」の意味合いとして使用されています。今回は、そんな“由緒ある、古くて価値のあるもの”のように見える部屋作りの参考例をご紹介いたします。

使用感のある革張りのソファを配置する

こちらは東京都の建築家 建築計画網・大系舎 一級建築士事務所が手掛けられました。家具の中でも広くスペースを取るソファを、ヴィンテージソファや革張りの物にするだけで大きく印象がヴィンテージ風に変わるのではないでしょうか。さらに、ソファの上に置くクッションをヴィンテージ生地のものにしてみたり、太めのアメリカンレトロなロゴのはいったものを選び、ブランケットをタータン柄のものを選ぶなどこだわることでソファとの纏まりが出て雰囲気が増します。利用しやすい位置にソファを配置すれば、自ずと使用感も出てさらにヴィンテージ風の味わいも深くなるでしょう。

PHOTO:森川貴史

IHではなくガスコンロを

ヴィンテージ風にするのなら、キッチンもこだわるべきです。こちらのキッチンはイギリスのロンドンのインテリアデザイナーCASSIDY HUGHES INTERIOR DESIGN & STYLINGが手掛けられました。昨今では主流になってきたシステムキッチンや、調理後の掃除も簡単に行えるIHはとても魅力的です。ですが、昔ながらのガスコンロもヴィンテージ要素として重要な役割を担って います。鍋やフライパンを置く部分の黒色のゴトクが懐かしい香りと良い味わいを出しています。「手間をかけて道具を可愛がって育てる」それがヴィンテージの本筋ではないでしょうか。

バスタブをエイジング加工のステンレスにする

こちらのバスルームはイギリスの請負会社 HART DESIGN AND CONSTRUCTIONが手掛けられました。ヴィンテージ感溢れるバスタブといえば陶器で出来た可愛らしい猫足のバスタブがイメージされますが、今回は少し特殊な例でヴィンテージ風に見せることができるバスタブを紹介します。ステンレス製のバスタブは写真の様な加工にすることで、年代物の印象にすることが出来ます。さらに周りの壁や床も好みに合わせて変えれば猫足バスタブには出せないクールな印象のヴィンテージ風な浴室に仕上げることが出来ます。

ベッドはシンプルにアイアンフレーム

こちらはメキシコのインテリアデザイナー MARIANGEL COGHLANが手掛けられた寝室です。ヴィンテージテイストを出すためにはベッドフレームを少し太めのシンプルな黒のアイアンフレームにすることがオススメです。茶系の木目の出た家具は黒のアイアンベッドと相性のいいのでコーディネートの参考にして下さい。また、上記のソファで述べたクッション類と同様にベッドルームのリネン類にも妥協せず気を配りましょう。

壁でヴィンテージを演出するには

こちらはロシアの建築家 ABWARTEN!が手掛けられました。部屋をヴィンテージ風にするなら、壁は白の漆喰やレンガ調といった仕上げである方が、こだわって選び抜いた小物を引き立ててくれます。しかし、クラシックなヴィンテージを求める場合、細かい柄のついた壁紙を選ぶという手もあります。ベースの色が赤や黄色の暖色系の柄物の壁紙は得てして「ヴィンテージ」というよりは「アンティーク」や「オーセンティック」といった方向性になりがちなのでベースは緑や青などの寒色系でいてスモーキーな色合いものを選ぶと良いでしょう。

統一性のある小物使いで演出する

こちらの統一感のあるスッキリとした部屋は、東京を拠点に活動するリノベーション会社 ゆくい堂株式会社が手掛けられました。スピーカーや照明、観葉植物に至るまで細やかなコーディネートが成されています。ヴィンテージ「風」の小物というは、意識してみるとそこら辺にある何気ない瓶が格好良く見えて来たりするもので本物のヴィンテージでなくてもぼちぼちと揃えていく事が出来るのです。照明や小さなオブジェなども落ち着いた色合いに統一させると、それだけで雰囲気を作り上げることが出来ます。ヴィンテージテイストの部屋に興味はあるものの、ヴィンテージ系の家具を買うまではまだ決心をつかないという場合には身近なお店で小物選びから始めてみて自分のイメージを固めていくことも良いかもしれません。

▶homifyで建築家を探してみませんか?募集ページで理想の建築家を見つけましょう!◀  

※  建築家の募集ができる無料相談ページ ※  


Modern Evler Casas inHAUS Modern

Ev projenizle ilgili yardıma mı ihtiyacınız var?
Bizimle temasa geçin!

Eviniz için esin kaynaklarını keşfedin!